地球に優しいエコ活動!壁面緑化のメリットって何?

酸素が増えて空気がきれいになる

最近企業やマンションなどが積極的に取り組み始めている「壁面緑化」ですが、さまざまなメリットがあります。一つ目として、緑が増えるということで二酸化炭素が吸収され、きれいな酸素が増えるということです。緑が少ない都会などで行うことによって、劇的な空気の変化をもたらすことが可能になるのです。二酸化炭素が減少することによって、空気がきれいになるのはもちろんのこと、地球の温暖化対策にも一役買ってくれそうですね。

壁の劣化を防いでくれる

壁面緑化のメリットは、酸素を増やして空気をきれいにするだけではありません。雨風などによって、壁が劣化するのを防いでくれる役割も果たすのです。人の肌も洋服を着ることによって守られていますよね、それと同じです。建物の壁が裸の状態では傷が付きやすいのですが、緑のカーテンによって壁が守られることにより、劣化を防ぐことが出来るのです。完全に防ぐことは出来ないにしても、普通よりも劣化するのを遅らせることが可能です。

建物内の室温を保ってくれる

壁面緑化をすることにより、建物内の室温を一定に保つことが可能になります。例えば、直射日光を浴びた建物の壁は素手では触れられないほど熱くなってしまうことがあるのですが、緑のカーテンをかけるとそれほど熱くならずに済むのです。そうなることにより、エアコンの効きも良くなりますし、余分な電気代をかけなくて良い状態が保たれるのです。寒い冬にも同様のことが言えます。寒風から建物を守ってくれますので、温かい環境が保たれるのです。

建物の壁に植物を這わせる壁面緑化は害虫が付くと葉が枯れてしまうことがあります。こまめに消毒を行い、余計な枝や蔓を取り除くことが害虫の繁殖を防ぐための心得です。