時計は自分のステータス!時間確認以外を目的とした3つの選び方

ブランド力のある時計を選ぶ

時計一つで自分のステータスを表すことに繋がります。高ければ高いほど、経済力をアピールすることになりますが、ただ高ければ良いというわけではありません。ブランドの名前が知られ、さらに高級というイメージが強いものを選ぶことが経済力としてアピールすることができます。誰が見ても、『その時計のブランド知ってる!』というものが良いでしょう。注意として、現時点の自分の身の丈に合わないようなブランドの時計は選ばないようにしましょう。

デザイン性の高いオシャレなものを選ぶ

経済力をアピールすることを考え、宝石や金が施されたような時計は避ける必要があります。なぜなら、お金持ちであるイメージはつきますが、同時にアピールが強過ぎるため人が近寄って来なくなる可能性が高くなります。あまりにもギラギラしていると悪いイメージになるので注意しましょう。時計を選ぶ際は、自分の好みのデザインであるものにすると良いです。それがオシャレなポイントとなり、センスをアピールすることができます。

場面に応じた時計を持っておこう

時計を1つだけでも良いが、場面に応じて付け替えると良いでしょう。自分のステータスをアピールする上で、その場面に応じた時計は欠かせないと言えます。会社でなら、働く人間としてステータスを、プライベートでなら、余裕ある生活をしている人間のステータスを、という具合に複数時計を持っておくと良いです。このような時計を用意する、または選ぶ方法は『ブランド力』と『デザイン』に加え、店員さんのアドバイスを加えると良いものを選ぶことができるのでオススメです。

シャネルの時計は、デザイン性や機能性が優れており、国内外のコレクターの間で古くから人気がある商品です。