京菓子のジャンルの一つの「こなし」が気になる!

京菓子は和菓子のジャンルです

和菓子は日本が世界の誇るべきお菓子の文化ですよね。その和菓子の中でも、京都で作られているお菓子を京菓子と呼びます。京都では宮廷文化や貴族文化、茶道が発展しましたから、そのような場面で献上されることになるお菓子もそれらの文化の影響を色濃く受けて、独自の進化を遂げたのです。舌でお菓子の感触や味を堪能するだけではなく、視覚や嗅覚など五感で味わうべきものとして作られているのが特徴なんですよ。季節感も重視していますよね。

こなしっていったい何?

京菓子で有名なものと言えば、八つ橋や味噌松風などですよね。全国的にもファンが多いお菓子たちです。でも、こなしと呼ばれるお菓子も忘れてはいけません。名前からはイメージしにくいですが、こなしとは白あんをベースにして蒸して作った生地を使った和菓子のことです。材料は白いこしあんに小麦粉と甘みを付けるためのお砂糖です。ユニークな名前ですが、蒸してからまだ熱いうちに生地をこなすことからこう呼ばれるようになったんですよ。

練り切りとの違いは?

こなしとよく似ているものに、関東で発展した練り切りがあります。どちらも白あんを使っていますし、完成したお菓子を見ても素人目には区別がつきにくいですが、作り方は結構違いが大きいんですよね。こなしの方が蒸す時に手間がかかりますし、白あんと餅生地を使って粘りを出すねり切りと比べると、粘り気も少なめです。形を作れる程度の柔らかさに作られています。だから味わいがさっぱりしているのでしょう。和歌などをテーマにすることが多いのも、こなしの特徴です。

ずんだ餅とは、えだまめを茹でてすり潰し、砂糖などで味付けして餅にまぶした郷土菓子です。冷凍のえだまめを使えば簡単に出来ます。